弁護士と司法書士とはどう違うのでしょうか

by author



TOP > 弁護士と司法書士とはどう違うのでしょうか

弁護士と司法書士の違いを、あなたはご存知でしょうか。

最近は司法書士も、裁判所で代理業務を行うようになり、この2つの士業は一見よく似ているように見えます。

しかし、それぞれの業務内容は実はかなり異なっています。どのような点が違うのでしょうか。

法律の相談に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

まず弁護士の場合は、法律のエキスパートと呼ばれていて、司法試験を受けて合格すると資格が与えられ、刑事事件と民事事件、両方の法廷での代理業務を行うことができます。一方司法書士の場合は、元々は登記や相続などを専門としており、司法書士試験の合格者に資格が与えられます。

最近は認定司法書士制度が設けられたため、裁判所での代理業務を行うことができるようになりましたが、代理人として請け負うのは民事事件に限られています。



また司法試験と司法書士試験とは全く別のもので、開催時期も異なっています。

それから弁護士の場合は、弁理士や税理士の仕事を無登録で行うことができますし、他にも登録をすることによって、社会保険労務士などいくつかの士業の仕事を行うことができます。



ただし司法書士の仕事をするには、司法書士試験を受けて合格する必要があります。


司法書士の場合は、行政書士の仕事を兼任することができます。

また弁護士は自治が認められていますが、司法書士は法務局の監督下に置かれています。
その他にも、弁護士の事務所で相談する場合は、有料であることが多いのですが、司法書士は任意で、無料の所が多いという違いもあります。